• facebook
  • YouTube
  • LINE
  • twitter
  • 検索

過去のゼミ

なるほど!吉田くんのしまねゼミ

■月別アーカイブ

過去のゼミをジャンルごとにチェック!

  • タイトル田舎の魅力をおすそわけ ~しまね田舎ツーリズム~

    オンエア2018.04.16

    農山漁村の生活や体験を通して田舎のよさを感じ、地域の人との交流を楽しむ取り組み「しまね田舎ツーリズム」。県内に200を超える受け入れ施設があり、毎年、県内外から約1万人が参加しています。番組では、2つの体験プログラムを紹介。島根県吉賀町で米作りや酪農などをしている山吹グリーンファームの「ペットボトルを使ったピザ作り」。ピザ生地をペットボトルで作り、新鮮な牛乳でチーズを作る体験でした。
    また出雲市の優生の郷 美笑縁では、クズのつるでカゴ作りの体験ができます。田舎体験プログラムを提供する人と参加者の交流の様子をお伝えしました。

    関連情報

    地域振興部 しまね暮らし推進課
    TEL:0852-22-5687
    http://www.oideyo-shimane.jp/

  • タイトルにょろにょろファミリー

    オンエア2018.03.26

    宍道湖自然館ゴビウスで5月7日(月)まで開催されている特別展「にょろにょろファミリー」。沖縄の海に住むウミヘビや、特徴的な姿をしたオオカミウオやワラスボなど、ユニークな生き物16種類、約100匹が展示されています。番組では、にょろにょろした生き物の独特な姿や生態の秘密などを紹介しました。

    関連情報

    島根県立 宍道湖自然館ゴビウス
    0853(63)7100

    開館時間/9:30~17:00
    休館日/毎週火曜日(祝日の場合は翌平日休み)

    「にょろにょろファミリー」は5月7日(月)まで

  • タイトル支えます!しまねの産業技術

    オンエア2018.03.12

    明治13年に設置された島根県産業技術センター。以来、約130年間にわたり島根の産業技術に関する研究や開発を続け、県内企業を支援しています。番組ではセンターが研究開発した最先端の機器を紹介しました。まずは、草刈りロボット。高齢者が携わることが多い草刈り。草刈り機は危険なものが多く毎年亡くなる人もいます。そこで、安全で持ち運びしやすい小型の草刈りロボットを開発。現在、商品化に向けて改良を進めています。また布団の下に入れるだけで、呼吸のモニタリングができる小型センサーなどを紹介しました。

    関連情報

    島根県産業技術センター(本所)
    TEL:0852-60-5140
    浜田技術センター(支所)
    TEL:0855-28-1266
    http://www.pref.shimane.lg.jp/industry/syoko/kikan/shimane_i...

  • タイトル島根も協力!福島の復興へ

    オンエア2018.03.05

    東日本大震災から7年。島根県は復興に取り組む福島県に、毎年職員を派遣しています平成29年度は津波で甚大な被害を受けた福島県南相馬市の出先機関に、2人の島根県職員が派遣されています。津波で流された新地町で、地元住民と一緒に黒松を植えるなどの防災緑地事業に携わる栗原さんと、復興道路事業に携わる狩野さんを取材しました。

    関連情報

    広報部広報室
    TEL:0852-22-5771
    http://www.pref.shimane.lg.jp/kochokoho/

  • タイトルあなたの寄附が力に!

    オンエア2018.02.26

    しまね社会貢献基金は平成21年に島根県が創設した基金です。県民や企業から寄せられた寄附金を社会貢献活動をしているNPO団体などにおくる取り組みです。寄附を受けた団体は、地域の課題を解決するための活動資金として利用できます。番組ではこの寄附金を受けて活動している2つの団体。都市と農村の交流活動に取り組むNPO法人里山笑学校。生の舞台鑑賞の機会をもち、地域の子どもと大人が育ち合うことを目的に活動する「浜田おやこ劇場」の取り組みを紹介しました。

    関連情報

    環境生活部 環境生活総務課 NPO活動推進室
    TEL:0852-22-6099 
    http://www.pref.shimane.lg.jp/admin/nonprofit/kikin/kikin/

  • タイトル2月22日は竹島の日

    オンエア2018.02.19

    隠岐の島から約158キロに位置する日本固有の領土竹島。現在、韓国が不法占拠しています。
    番組では県内小学校であった竹島に関する学習を取材。ニホンアシカ、メチと隠岐の子どもとの交流を描いた絵本「メチのいた島」の作者、杉原由美子さんが自ら絵本を読み、竹島の話をした様子をお伝えしました。
    また、中学生を対象にした「竹島、北方領土問題を考える作文コンクール」の表彰式、その後の懇談会で中学生と知事が竹島について意見を交わす様子などをお伝えしました。

    関連情報

    総務部総務課
    TEL:0852-22-5012
    http://www.pref.shimane.lg.jp/soumu/takesima/

    竹島資料室
    TEL:0852-22-5669
    【開館時間】 午前9時~午後5時
    【定休日】  火曜日、年末年始 ※利用時間と休日を変更する場合あり

  • タイトルプレミアムこっころカンパニー

    オンエア2018.02.12

    島根県は、子育て支援に取り組む、県内約270社を「こっころカンパニー」として認定。そのうち特に優れた取り組みを行っている10社を「プレミアムこっころカンパニー」として表彰しています。
    番組では、12年前から院内に託児所を設置、看護師や職員の育児支援を積極的に行い、2年連続で「プレミアムこっころカンパニー」に認定された、益田市医師会の取り組みなどを紹介しました。

    関連情報

    島根県健康福祉部 子ども・子育て支援課
    TEL : 0852-22-6475

  • タイトルひとに寄り添う介護のしごと

    オンエア2018.02.05

    高齢者が住み慣れた地域で安心して生活できるようサポートするのが介護職員。
    島根県でも多くの介護職員が高齢者を支えています。
    番組では、松江市の特別養護老人ホームで働く3年目の男性介護職員を紹介。介護の仕事の魅力や将来の夢などを聞きました。また、介護職を目ざす人へのサポート制度も紹介しました。

    関連情報

    島根県健康福祉部 高齢者福祉課 TEL:0852-22-5204
    http://www.pref.shimane.lg.jp/koreisha/
    島根県社会福祉協議会 TEL:0852-32-5957

  • タイトル県で働く獣医さん

    オンエア2018.01.29

    第36回は、「県で働く獣医さん」。公務員獣医師がテーマです。公務員獣医師の仕事は、大きく分けると、家畜のための獣医師と、地域猫など人の身近・公衆衛生に関わる仕事をする獣医師がいます。島根県には、約90人の公務員獣医師が働いています。
    番組では、家畜生産農家と直接触れ合い、家畜の病気診断や飼育指導する松江家畜保健衛生所の獣医師と、畜産に特化した研究を続ける畜産技術センターの研究員(獣医師)、2人の仕事を紹介し、公務員獣医師として、仕事の「喜び」や「楽しさ」、「やりがい」を聞きました。

    関連情報

    島根県農林水産部畜産課   TEL:0852-22-5137
    島根県健康福祉部薬事衛生課  TEL:0852-22-6292

  • タイトル選ばれています!美味しまね認証

    オンエア2018.01.22

    島根県内で生産される「高い安全性」と「優れた品質」を兼ね備えた農林水産物産品を知事が認証する「美味しまね認証制度」。
    現在、140の農家や企業が生産する米や野菜、キノコなどあわせて138品目が認定されています。番組では、生産農家や認証品を販売する店の取材を通し、市場における競争力の強化や産地のレベルアップを目指す「美味しまね認証」を紹介しました。

    関連情報

    島根県農林水産部農産園芸課

    〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
    TEL:0852-22-5131
    nosan-engei@pref.shimane.lg.jp

  • TSK制作番組
  • ドラマ・映画
  • バラエティ
  • 報道・情報
  • スポーツ
  • アニメ・キッズ
  • ミニ番組

ページの先頭へ