• facebook
  • YouTube
  • LINE
  • twitter
  • 検索
  • HOME
  • 放送番組審議会報告

放送番組審議会報告

平成30年度放送番組審議会

第532回放送番組審議会

開催日 平成30年12月18日(火)
審議番組 わがまま!気まま!旅気分 ~現代版維新の旅 萩・津和野・益田~
出席委員 天野 郁夫委員
荒本 弘美委員
上田 理恵子委員
木村 光哉委員
桐山 香代子委員
古藤 雅之委員
杉谷 健司委員
妹尾 雅雄委員
審議事項 ◆課題番組の審議
課題番組概要 今回は、タレントのビビる大木さんが明治維新ゆかりの地である萩市や津和野町などを巡りながら、新たな取り組みに挑戦する地元の人達と出会う旅番組で、近畿・中四国地方やBSフジでも放送した。
審議概要(主な意見) ・全体として見やすく、盛り沢山の内容で行ってみたいと思わせる番組だった。
・グルメや観光スポットを単に紹介するだけではなく、人にスポット当てた構成は興味深かった。
・旅人のビビる大木さんと案内人の原田さんとのかけ合いも楽しく見ることが出来た。
などの意見がありました。

一方、
・番組のコンセプトでもある“現代版維新”の言葉と番組内容との整合性がとれていないところがあった。
・料理や施設などの撮影方法にもう少し工夫が欲しかった。
・オープニングで旅先の地図スーパーを出した方が分りやすい。
といった意見も聞かれました。

第531回放送番組審議会

開催日 平成30年11月20日(火)
審議番組 TSKグループプレゼンツ プライムニュースさんいん ミライKアスリートスペシャル
出席委員 天野 郁夫委員
荒本 弘美委員
石野 陽子委員
木村 光哉委員
古藤 雅之委員
杉谷 健司委員
妹尾 雅雄委員
山内 政司委員
審議事項 ◆課題番組の審議
課題番組概要 世界の舞台に挑む山陰の若手アスリートを取材し、挑戦する姿やその思いを紹介する番組。今回は出雲市出身で筑波大学柔道部の佐々木健志選手を紹介。
審議概要(主な意見) ・練習だけではなく、私生活まで丁寧に取材しており、佐々木選手の人柄がよく伝わる番組だった
・両親やチームメイト、監督のインタビューが随所に効果的に使われていた
・日本を代表する選手が身近にいることを発信したことは評価出来る

一方、
・佐々木選手について、もう少し早いタイミングでテロップやコメントで紹介した方が分りやすいと感じた
・大会概要や試合結果などの基本情報について、もう少し説明があった方がよい
・今後も継続的に佐々木選手の取材に取り組んで欲しい
といった意見も聞かれました。

第530回放送番組審議会

開催日 平成30年10月16日(火)
審議番組 プライムニュースさんいん
出席委員 天野 郁夫委員
石野 陽子委員
上田 理恵子委員
木村 光哉委員
桐山 香代子委員
妹尾雅雄委員
山内 政司委員
審議事項 ◆番組種別(平成30年4月~平成30年9月)の報告
◆課題番組の審議
課題番組概要 毎日夕方に放送しているニュース番組。
全国ニュースと山陰地方のニュース・天気予報で構成。
審議概要(主な意見) ・バラエティに富んだニュース内容で飽きることなく視聴することが出来た。
・台風24号の被害に関する話題は、漁業関係にも被害が及んでいる点を伝えたことは評価出来、25号に関する情報も丁寧に伝えていた
・10月から始まったアナウンサー2人による進行はテンポもよく、分りやすく伝えており、安定感があった
などの意見がありました。

一方、
・ガソリンスタンドとコンビニエンスストアの併設型施設のオープンのニュースでは、経営状況なども分析されていたが、利用者のインタビューがあると良かった
・インタビューのテロップを意訳して表示する場合は、言葉のニュアンスが変わらないよう注意する必要がある。
といった意見も聞かれました。

第529回放送番組審議会

開催日 平成30年09月18日(火)
審議番組 TSKグループプレゼンツ「TAKUMI~山陰の創造者たち~」
出席委員 石野 陽子委員
上田 理恵子委員
古藤 雅之委員
妹尾 雅雄委員
杉谷 健司委員
天野 郁夫委員(レポート提出)
木村 光哉委員(レポート提出)
審議事項 ◆課題番組の審議
課題番組概要 この番組は、山陰の伝統工芸にスポットを当て、伝統を受け継ぐ若手職人など伝統工芸作家の創作にかける熱い想いや作品を紹介。
審議概要(主な意見) ・組子をイメージしたオープニングタイトルは、期待感を抱かせる映像だった
・短い時間の番組だが、伝えたいことがよく分かる番組構成で、作品の魅力が伝わる映像でもあった
・弓浜絣の藍染めシーンは、色が変わるところを映像としてしっかりと捉えていた
などの意見がありました。

一方、
・もう少し作品の補足説明や作品に対する熱い想いを引き出せるインタビューがあってもよかったのではないか
・3年程度の工芸作家をタイトルと同様に、匠と表現するには違和感があった
・次回は、もう少し時間の長い特集番組等で放送して欲しい
といった意見も聞かれました。

第528回放送番組審議会

開催日 平成30年07月17日(火)
審議番組 ダイドードリンコスペシャル 日本の祭り 年行司役面 城下町をゆく!~城山神社祭礼行事 鹿野祭り~
出席委員 天野 郁夫委員
荒本 弘美委員
石野 陽子委員
上田 理恵子委員
木村 光哉委員
山内 政司委員
杉谷 健司委員
審議事項 ◆課題番組の審議
課題番組概要 鳥取市鹿野町で江戸時代末期に再興され受け継がれてきた鹿野祭りを取り仕切った一人の青年の様子や地域の原動力となっている祭りの魅力をお伝えした番組。
審議概要(主な意見) ・丁寧に取材されており、主人公の気持ちの変化や取材した人達の生き生きとした表情が上手く描かれていた
・ナレーションは落ち着いた語り口で、祭りの主役の人達が引き立つような感じだった
・伝統芸能や祭りを継承する他の団体の方にも励みや参考になる番組だったのではないか
などの意見がありました。

一方、
・住民同士の絆が育まれる過程をもう少し丹念に取材し、描かれているとよかった
・子ども達の声がもう少し拾ってあれば、祭りに対する地域の強い思いがより伝わったのではないか
・主人公である年行司役面の選考方法や役割についての説明が欲しかった
といった意見も聞かれました。

第527回放送番組審議会

開催日 平成30年06月19日(火)
審議番組 FNSドキュメンタリー大賞ノミネート作品 宇都井の老人と蜘蛛男~三江線はなくなっても~
出席委員 天野 郁夫委員
石野 陽子委員
木村 光哉委員
桐山 香代子委員
古藤 雅之委員
杉谷 健司委員
妹尾雅雄委員
審議事項 ◆課題番組の審議
課題番組概要 3月31日に廃線となったJR三江線の天空の駅として知られる島根県の宇都井駅を舞台にそれぞれの方法で全国の人と交流する2人を追ったドキュメンタリー番組。
審議概要(主な意見) ・親子程、年の差が開いた対照的な2人がつながっていく様子やおばあさんの人柄が上手く描かれていた
・一つ一つの印象的なフレーズや映像がしっかりと捉えられていた
・映像もきれいで、空撮映像や色々なシチュエーションを映し出しているなど、映像面での工夫や努力が見られた
などの意見がありました。

一方、
・2人が初めて出会うシーンは演出と捉えかねない印象もあるため、構成の工夫が欲しかった
・2人のこれまでの人生や三江線全体の話など、もう少し深く掘り下げる面もあったのではないか
といった意見も聞かれました。

第526回放送番組審議会

開催日 平成30年05月15日(火)
審議番組 Bリーグ中継 島根スサノオマジック対横浜ビー・コルセアーズ
出席委員 天野 郁夫委員
荒本 弘美委員
石野 陽子委員
上田 理恵子委員
木村 光哉委員
桐山 香代子委員
古藤 雅之委員
杉谷 健司委員
山内 政司委員
審議事項 ◆課題番組の審議
課題番組概要 B1残留に向けた島根スサノオマジックのホーム最終戦の模様を生中継でお伝えした。
審議概要(主な意見) ・実況のアナウンサーと解説者はテンポもよく、分かりやすく、安定感があった。
・以前の生中継で指摘した24秒ルールのショットクロックの表示など番組が改善されている点も見られた
などの意見がありました。

一方、
・試合開始前に放送時間をもう少し確保し、プレーオフのB1残留の条件やチームの現状など試合のポイントを始めに紹介した方がよい
・選手の成績や専門用語の解説などデータを織り交ぜながら紹介するとより分りやすく
見ることが出来た
・ハーフタイムのスタジオは間延びした感じがあり、選手等のインタビューがあるとよかった
といった意見も聞かれました。

第525回放送番組審議会

開催日 平成30年04月17日(火)
審議番組 プライムニュースさんいん
出席委員 天野 郁夫委員
荒本 弘美委員
石野 陽子委員
上田 理恵子委員
木村 光哉委員
桐山 香代子委員
古藤 雅之委員
杉谷 健司委員
妹尾 雅雄委員
山内 政司委員
審議事項 ◆番組種別(平成29年10月~平成30年3月)の報告
◆課題番組の審議
課題番組概要 毎日夕方に放送しているニュース番組。
全国ニュースと山陰地方のニュース・天気予報で構成。
審議概要(主な意見) 今月9日未明に発生した島根県西部地震のニュースについて
・早い段階から様々な場所を詳しく取材しており、被害の状況を知ることが出来た
・コメンテーターの方は、着眼点がよく、的確なコメントで伝えていた
・風評被害につながらないよう、今後も被災地の様子を取材して欲しい
などの意見がありました。

一方、
・被害の様子を伝える前に、ライフラインの状況、今後の見通しについて最初に伝えるべきではないか
・山陰出身のアーティストがドラマの主題歌に起用された話題は、地震のニュースがあったため、放送する順番を考慮する必要があったといった意見も聞かれました。

ページの先頭へ